住宅ローンの毎月の支払額を減らす方法

住宅ローンの毎月の支払額を減らす方法

住宅ローンの毎月の支払額を減らす方法

もし、毎月の住宅ローンが3万円安くなったら、生活が楽になりませんか?

もし、あなたの今の生活が非常に困難なものとなっているなら、この方法を考えてみる価値は十分にあります。

住宅ローンの毎月の支払額を減らす方法とは、支払い期日を延ばすという方法です。

たとえば、毎月の住宅ローンの支払い額が13万円の場合、それを10万円に減らして、期間を5年間延ばすという方法です。

月の返済額を3万円減らして、返済期間を5年延ばす

ただし、この方法にはマイナス点もあります。

それは、支払い期間を伸ばした分、トータルで支払う金利が増えるということです。

しかし、このままの状態では住宅ローンの支払いはおろか、毎日の食費にすら困ってしまう・・・という状況なら、期間を延ばすという方法は緊急策としてはとりあえずは良い方法だと思います。

なぜなら、数ヶ月滞納・延滞してしまうと、物件の差し押さえや競売の可能性もあるからです。

ですから、将来、一定の収入の見通しがあるうちに、とりあえず緊急避難的に期間を伸ばすというのはありです。

失業してしまったり、収入の見通しが立たなくなってからでは、銀行も受け付けてくれません。

また、金銭的に余裕が出てきたら、支払い期間を短くしてもいいでしょう。

特に、お子さんが小学校、中学校、高校生の場合、これから数年が一番お金がかかる時期です。

逆に、養育費がかかるこの数年を乗り切れば、あとは今よりは楽になります。

ですから、この数年を乗り切るために、住宅ローンの支払い期間を伸ばして、毎月の支払額を減らすという選択を取るのです。

こういう方法もあるということを頭の片隅に入れておきましょう。