住宅ローンをめぐって銀行の顧客獲得競争が激化、空前の低金利へ

住宅ローンをめぐって銀行の顧客獲得競争が激化、空前の低金利へ

s

住宅ローン大競争時代→銀行も変わる→空前の低金利→住宅ローンの借り換えに最適な時期

2008年秋のリーマンショック以降、世界的な低金利が続いています。

日本でも住宅ローンなどの貸し出し金利が空前の低さになっています。

そもそも銀行にとって、住宅ローンとは安定した返済が長期間にわたって見込める手堅い商品です。

銀行も財政状況が厳しいところもあるので、住宅ローンのように安定的に金利を頂ける商品は積極的に売ってきたいという考えがあります。

だからこそ、他店よりも金利を下げてでも優良なお客さんを確保しようという動きが活発になり、住宅ローン獲得競争が過熱しているのです。

つまり、今、銀行は住宅ローン大競争時代に入り、そのため空前の低金利時代に突入しています。

実際、店頭に行けば分かると思いますが、窓口にはローン返済の相談に積極的に乗ることを示す看板が目立つように置いてあるはずです。

時代の流れ、そして中小企業金融円滑化法(返済猶予法案)という新しい法律の施行により、銀行のローンに関する対応は劇的に変わってきています。

だからこそ、あなたも住宅ローンに対する考え方を変える必要があるのです。

あなたが住宅ローンに関する古い知識や先入観を持っている限り、返済はいつまでたっても楽にはなりません。